こんにちは、たいと(@taito212)です。

「海外ドラマで学ぶ英語シリーズ」と題して、「How to make it in America 〜アメリカで成功する方法〜」を題材に英語を勉強していきたいと思います。

今回はシリーズ2のエピソード1。あらすじを知っている方、英語だけ勉強したい方は「今回のエピソードに登場する英語」に飛んでください。それでは早速みてみましょう。

こちらのドラマは、Amazon プライムビデオで視聴できるので、プライム会員でない方は入会をおすすめします。

シーズン2エピソード1のあらすじと登場人物

舞台はニューヨーク。ベンとキャムはビジネスを成功させ、希望に胸を膨らませて東京から戻る。2人のバッグも、CRISPのポップアップストア開店イベント用のフード付きシャツで膨らんでいた。レイチェルは長い自分探しの旅から戻り、ベンにまだ未練があることを悟る。だが、彼にはジュリーという新しい彼女がいた。レネが立てた広告版は人々の注目を浴び、レネの彼女は激怒する。そしてドミンゴは犬の散歩に加えてビジネスを拡大する。

アメリカの若者の今を映し出すパーティシーンやドラッグ、SEXなど、夢を持って諦めない若者にぴったりのサクセスストーリー(?)。

ベン・エプステン

主人公。ビジネスベンチャーが壁にぶち当たり、親友のキャムが提案するニセ商売に資金提供することに同意する。一方、元彼女レイチェルがハンサムなホテル経営者ダレンと付き合っていると知りどっぷり落ち込む。

キャム・カルデロン

ベンの友人。陽気で明るい性格。服役中だったいとこのレネから借金をしていて、返済のために路上で商売を始めようとベンに持ちかける。

レイチェル・チャプマン

ベンの元カノ。ベンと別れた後、ハンサムなホテル経営者ダレンと付き合い始める。

レネ・カルデロン

キャムのいとこ。刑務所に服役したが、出所してくることになる。キャムに5000ドルを貸していたので返金してもらうが、ベンにさらにお金を貸して欲しいと頼まれる。

今回のエピソードに登場する英語

spoken for:婚約している、結婚を前提に交際している、売却済である、予約されている

キャム

Well, too bad he’s spoken for.
ええと、彼がもう予約済みなのが残念だな。

reach out :連絡する

キャム

Sure, you get us Jigga and you get us Geishas, and I’ll reach out to Obama.
いいね。キミはジェイ・Zを連れて来て、お前は芸者を連れて来てくれ。オレはオバマに連絡するよ。

ここで出てくる”Jigga”はカッコよくてイケてること、カッコいい装飾品を身につけていることを指します。黒人ラッパーのジェイ・Zは自分のことを”Jigga”と呼んでいます。

take a poll:投票をする

レネ
Look look, I took a poll of the all the pictures and we all agreed that’s the best one.
聞いてよ。オレは全ての写真を投票して、オレらはみんなで(あの写真が)ベストだって賛成したんだ。

edgy:エッジの利いた

ベン
Look, we just want something edgy and shocking like this.
聞いて、オレらはこんな感じで衝撃的でエッジの利いたものが欲しいんだ。

Bear with us (me):もう少し待って

キャム
Bear with us here.
もう少し待って。

“Bear with me”はそのまま訳すと「私を我慢して」という意味ですが、これは「時間がかかって申し訳ないけど、我慢してください。」という意味で、つまり「もう少し待って」と言う時に使います。

take over;引き継ぐ

キャム
Me and Ben are going to take over this empty storefront for a few hours to sell our new hoodies.
オレとベンは新しいパーカーを売るために2、3時間空っぽの店を引き継ぐつもりなんだ。

meltdown:正気を失う、怒り狂う

キャム
Why are you melting down right now?
なんで今怒ってるんだよ。

make it up to you:埋め合わせをする

レネ
I’m here to apologize and make it up to you.
謝って埋め合わせをするためにここに来たんだ。

そのまま使えるフレーズ集

このコーナーでは、ドラマや映画と全く同じ状況になった時に、暗記しておけばそっくりそのまま使えてしまう長文フレーズを紹介します!

シチュエーションに合わせたフレーズを用意しておくと、ネイティブとの会話でもとても便利です。登場人物になったつもりで、噛まずにスラスラ言えるようになるまで何度も繰り返し練習しましょう。

「優しいんだね」と言いたい時

That’s really sweet of you.
あなた本当に優しいんだね。

プレゼントした時

I know it’s your fave.
それがキミのお気に入りだって知ってるよ。

タスクが多すぎる時

It’s too much for someone to do it alone.
1人でやるには多すぎるよ。

マリファナ吸うか?って聞く時

You guys want to hit this?
お前ら(マリファナ)吸うか?

マリファナを吸うことを”hit”という時があります。道端で話しかけられたら気をつけましょう。

ある場所から動けなくなってしまった時

How much longer are we gonna be stuck here?
ここであとどれぐらい待たされるんだ?

“stuck”は「動かない」「立ち往生する」という意味があります。

ビビってる人を励ます時

Nothing to be scared of.
怖がることは何もないよ

まとめ

いかがでしたか。今回は、ベンがマリファナを吸ってキマってしまいましたね(笑)相棒のキャムはいつも一生懸命人と会ったり、チャンスを作ったりするのに、主人公であるはずのベンが彼女とイチャついたり、マリファナをやって迷惑をかけたりと、なんか情けない主人公ですね。今回の英語は、簡単な単語の組み合わせでできるイディオムをたくさん紹介しました。ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク


当ブログではSTORK(ストーク)を使用しています。完成度が高くモバイルファーストなブログデザインが特徴的で、初心者におすすめのブログテーマです。


ABOUTこの記事をかいた人

たいと

ニューヨークに留学中の24歳。NY州立大学美術史専攻。2019年8月にコペンハーゲンでのアイアンマンレースを完走する為にトレーニング中。趣味は美術館巡り。