こんにちは、たいと(@taito212)です。

「海外ドラマで学ぶ英語シリーズ」と題して、「How to make it in America 〜アメリカで成功する方法〜」を題材に英語を勉強していきたいと思います。

How to make it in America〜アメリカで成功する方法〜は、ニューヨークで自分のブランドを立ち上げて大成功を目論む若者2人の物語。アメリカの今を映し出すパーティシーンやドラッグ、SEXなど、夢を持って諦めない若者にぴったりのサクセスストーリーです。

今回は前回に引き続きシリーズ1のエピソード8。あらすじを知っている方、英語だけ勉強したい方は「今回のエピソードに登場する英語」に飛んでください。それでは早速みてみましょう。

こちらのドラマは、Amazon プライムビデオで視聴できるので、プライム会員でない方は入会をおすすめします。

シーズン1エピソード8のあらすじと登場人物

舞台はニューヨーク。シーズン1フィナーレ。キャムは「Crisp」Tシャツを積んだラスタ・モンスタのトラック盗難にレネが絡んでいるのではないかと疑う。だが、カッとなりやすいいとこに立ち向かう度胸があるか? 一方、レイチェルはベン、イーディ、ダレンの人生に影響を与える大きな決断を下す。

ベン・エプステン

主人公。ビジネスベンチャーが壁にぶち当たり、親友のキャムが提案するニセ商売に資金提供することに同意する。一方、元彼女レイチェルがハンサムなホテル経営者ダレンと付き合っていると知りどっぷり落ち込む。

キャム・カルデロン

ベンの友人。陽気で明るい性格。服役中だったいとこのレネから借金をしていて、返済のために路上で商売を始めようとベンに持ちかける。

レイチェル・チャプマン

ベンの元カノ。ベンと別れた後、ハンサムなホテル経営者ダレンと付き合い始める。

レネ・カルデロン

キャムのいとこ。刑務所に服役したが、出所してくることになる。キャムに5000ドルを貸していたので返金してもらうが、ベンにさらにお金を貸して欲しいと頼まれる。

ダレン

レイチェルの現在の彼女。ホテルを経営しているハンサムな男。

今回のエピソードに登場する英語

Sneak out:こっそり抜け出す

ベン

Are you sneaking out?
こっそり抜け出すの?

「授業をこっそり抜け出す」といったシーンでも使いますね。

step it up:もっと頑張る、より力を入れる

キャム
These cops need to step it up.
もっと警察は力を入れるべきだ。

retarded:バカなやつ

レネ
My little cousin, his just started working for me. He’s half retarded.
オレのいとこがオレのために働き始めたんだ。あいつは半分バカなんだよ。

Freak out:パニック状態に陥る、訳の分からない事をする、怖がらせる

レネ
But he’s freaking me out in here right now.

でも彼は今ここでオレを怖がらせてる。

out of hand:手に負えない

ベン
If I’m not there with him, the thing could get totally out of hand.
もしオレが彼と一緒にいないと、完全に手に負えなくなるんだ。

insult:侮辱する

レネ
I’m a little insulted by the implication.
含みを持たせた言い方に少し侮辱されてるな。

snitch:密告者

ベン
Rene, I’m not a snitch. Cam’s not a snitch.
レネ。オレは密告者じゃない。キャムも密告者じゃない。

「告げ口をする人」と言う意味のスラングです。

そのまま使えるフレーズ集

このコーナーでは、ドラマや映画と全く同じ状況になった時に、暗記しておけばそっくりそのまま使えてしまう長文フレーズを紹介します!

シチュエーションに合わせたフレーズを用意しておくと、ネイティブとの会話でもとても便利です。登場人物になったつもりで、噛まずにスラスラ言えるようになるまで何度も繰り返し練習しましょう。

悪いことが起きてしまった時

Shit happens.
悪いことは起こるもんだよ。

「諦めるな」って言いたい時

The day still isn’t over.
まだ1日は終わってないよ。

とりあえず気の利いたセリフを言いたい時

Things come and go. Money comes and goes.
物事は行ったり来たり。お金も行ったり来たりさ。

人を励ます時

Guys, you need to have faith in yourselves.
キミ達は自分達を信じたほうがいい。

まとめ

いかがでしたか?レイチェルがベンと寝てしまった事で、ダレンと別れることになり、仕事も辞めてしまいました。ベンとキャムも盗まれたTシャツを取り戻すことができず、途方に暮れていましたが、ついに日本に送るTシャツを見つけることができました。これでシーズン1は終了です。
8話まとめて観てきましたが、正直間延びしてる印象ですね。ただニューヨークで成功してやる!と夢を追う姿は感化されますね。今回は、悪いことが重なったこともあり、励ますセリフがたくさん出てきます。参考にしてみてください。

スポンサーリンク


当ブログではSTORK(ストーク)を使用しています。完成度が高くモバイルファーストなブログデザインが特徴的で、初心者におすすめのブログテーマです。


ABOUTこの記事をかいた人

たいと

ニューヨークに留学中の24歳。NY州立大学美術史専攻。2019年8月にコペンハーゲンでのアイアンマンレースを完走する為にトレーニング中。趣味は美術館巡り。