ダウンロードしたフォントをPhotoshopで使う方法

たいと
こんにちは、勝俣たいとです。今回はダウンロードしたフォントをPhotoshopで使う方法を解説します。

※Mac OSの場合の説明になります。

例として、Gilbertという海外のフォントをダウンロードしてみます。

 

⬆️におすすめフォントをまとめているので、気になったフォントをダウンロードする時に参考にしてみてください。

フォントサイトからダウンロード

まず、フォントサイトに入り、『Download(ダウンロード)』と書かれている場所を探します。

そこをクリックすると、ダウンロードが始まります。

Finder(ファインダー)のダウンロードのファイルから、ダウンロードしたフォントファイルをクリック。

するとすぐ隣に新しいフォルダが開かれます。開かれたフォルダをクリック。

このGilbertのフォントの場合は、otf形式のファイルが2つ出てきました。

フォントのファイルをクリックします。

フォントの形式について

フォントによって形式は異なり、otf形式の他にttf形式がある場合があります。簡単に説明します。

ttf:True Type フォント

高機能ではないが、動作環境が豊富なフォント。歴史の長い定番フォント。

otf:Open Type フォント

ttf形式の弱点をカバーした高度な機能を持つフォント。MacとWindowsの互換性がある。

True Typeフォントは歴史が長く、広く普及しているので、年賀状・ワープロなどの古いアプリケーションを使う場合はttf形式の方が適しています。特にWindowsのアプリケーションでは、ttf形式のみを採用しているものも残っています。

一方、otf形式は機能では完全にttfより優れていて、特にMac OSを使用する方や、デザイン用途で使う場合は、otf形式の方が主流となっています。

フォントファイルをインストール

フォントのファイルをクリックすると、フォントの例が出てきて「Install(インストール)」という表示が出てきます。

クリックすると、同時に自分のインストール済みフォントに追加されます。

たいと
これでインストールは完了!

Photoshopで使う

たいと
では早速Photoshopで使ってみましょう!

あとはPhotoshopを開いて、「テキスト」を選択すれば、フォント一覧の中にインストール済みのフォントが入っています。

実際に使ってみました。

たいと
皆さんも、お気に入りのフォントを見つけたら、Photoshopで使ってみましょう!

▼この記事を読んだ人におすすめ

デザインにこだわりたい人必見。海外のおしゃれフリーフォント70選!

SF映画好きのためのフォント10選

デザインをユニークにする海外の特殊フォント10選

Photoshopで簡単!画像をおしゃれな水彩画風に加工する方法

▼このブログの管理人のプロフィール

ABOUTこの記事をかいた人

たいと

ニューヨークの大学に留学中の23歳。 絵は描けないけど美大生。 『アートをもっと身近に』をテーマにアウトプット。海外生活や旅のことも書きます。 現在、ニューヨークで若者のクリエイターコミュニティを運営中。