【落合陽一流】500倍のスピードでインプットする論文の読み方

こんにちは、テスト期間に突入しましたNY留学中のたいと(@taito212)です。

アメリカでは、5月中旬に春学期が終わるところが多いので、みなさんがGWを満喫している時が期末テスト期間真っ最中。

さて、アメリカの大学に行くと、論文を読む機会が多いんですね。今回は論文を早く読めるコツについて書いてみます。

留学生向けの記事ですが、留学生に限らず、英語を勉強したい人は参考にしてみてください

留学生の悩み

アメリカの大学って課題に忙殺されるんですね。

特に大学3~4年になると、専攻分野のハイレベルな文献を読まされることが多く、膨大な量のリーディング課題が課されます。週に200ページ以上読んでこいと言われることもざら。さらに要約してペーパーを提出しなくてはけない事もあります。

日本語だったら問題ないですが、英語だと普通のスピードで読んでいたら到底追いつけません。

落合陽一が語る原著論文の大切さ

落合陽一 | Yoichi Ochiai

メディアアーティスト、 筑波大学 学長補佐 助教デジタルネイチャー研究室主宰。1987年東京生まれ。筑波大学でメディア芸術を学び,東京大学で学際情報学の博士号を取得(学際情報学府初の早期修了者)。2015年より筑波大学助教。アナログとデジタルテクノロジーを混在させたメディアアート表現などを用いて表現活動を行っている。ワールドテクノロジー賞、アルスエレクトロニカ賞受賞など、国内外で受賞歴多数。

メディアでもパネラーとしてよく見かけますが、筑波大学の助教でもある落合さん。ハイレベルなコースの生徒には一週間に100本の論文を読ませるそう。

何十ページもある一論文を100本ですから、週に200ページとは比べ物になりませんよね。

落合さんは原著論文の大切さをこう語ります。

原著論文は価値がありますね。だって常に世界で最先端ですから。世界で新しいもの以外は原著論文として公開されないので、新しい原著論文から100本読んでいくって言うのは大切なアプローチだと思います。

一つの分野の論文を大量にインプットすればその分野の最先端の知識が手に入るって考えたら、教授が課題で論文を読ませる理由も分かりますね。

落合流論文の読み方

落合さんは、論文は小説と違ってだらだら読むもんではないと言います。「時間を決めて素早くまとめて読む」のが効果的とのことなんですが、どうやったら素早く読めるのでしょうか。

一般的な論文の構成

技術分野一般的な論文の構成はこのようになっています。

テクニカル(科学・技術)分野

①導入(何をしたいか)
⬇︎
②関連研究(他との違い)
⬇︎
③メソッド(実験方法)
⬇︎
④実験結果(主張の証明)
⬇︎
⑤議論(良さ悪さ)
⬇︎
⑥結論(何をしたか・詳細)

文系分野

①導入(背景・問題提起)
⬇︎
②関連研究(他との違い)
⬇︎
③調査・分析(具体例など)
⬇︎
④仮説証明(主張の証明)
⬇︎
⑤議論(良さ悪さ)
⬇︎
⑥結論(何をしたか・詳細)

高速で論文を読む方法

落合さん曰く、普通に読もうとする人は、途中で挫折して結論までたどりつきません・・・

通常であれば、書かれた順に①➡︎⑥と読んで行きますが、落合氏によれば、高速で読むには順番通りに読んではいけないそうです。

まずは導入を読む。そして次は、先に結論を読んでしまいます。こうすると、この論文で言われていることはだいたい掴めます。その後に主張はどうやって証明したのかを確認し、それは他とどのように違ったのかを確認する為に関連研究に戻ります。

そこまで読み終わったら、通読するのがベストだと言います。

先ほどの構成で言うと、

テクニカル(科学・技術)分野

①導入(何をしたいか)
⬇︎
結論(何をしたか・詳細)
⬇︎
③実験結果(主張の証明)
⬇︎
④関連研究(他との違い)

最後に、読み飛ばしたメソッドや議論を含めて、最初からざっと読む。

文系分野の論文も同じです。

文系分野

①導入(背景・問題提起)
⬇︎
結論(何をしたか・詳細)
⬇︎
③仮説証明(主張の証明)
⬇︎
④関連研究(他との違い)

最後に通読。

まとめ

・論文は『時間を決めてまとめて素早く読む

・『導入➡︎結論➡︎実験結果(仮説証明)➡︎関連研究』の順番で読む

最後に通読して内容を整理する

いかがでしたか?

リーディングの課題大変だと思いますが、「最初から最後まで丁寧に読む必要はない」と考えたら少し気が楽になりますよね。要点を抑えて素早く読む練習をしましょう。

この記事を読んだ人におすすめ⬇︎

独学におすすめの学習オンラインコースUdemy(ユーデミー)徹底解説!

『劣等感の使い方』コンプレックスを生かす方法

はじめての留学【履修登録編】最初のセメスターで失敗しない授業の取り方

はじめての留学【心構え編】英語よりも先に考えるべき3つのこと

漠然と人生が「つまらない」と感じてる人へ

プロフィールはこちら⬇︎

ABOUTこの記事をかいた人

たいと

ニューヨークの大学に留学中の23歳。 絵は描けないけど美大生。 『アートをもっと身近に』をテーマにアウトプット。海外生活や旅のことも書きます。 現在、ニューヨークで若者のクリエイターコミュニティを運営中。