polcaで集めた軍資金でマカオのカジノでギャンブルした話Vol.1

The following two tabs change content below.
たいと

たいと

手作りのオーバーオールで放浪する手ぶら旅人。2018年夏〜世界一周手ぶら旅予定。旅×表現をテーマに脳内をアウトプットします。

こんにちは!たいと(@taito212)です。

先日polca企画について書いた記事をアップしました。
(記事はこちら➡︎初めてのpolca企画をしてみて感じたこと

polcaで集めた8000円でマカオでギャンブルしてきた訳なんですが、結果はどうだったのか?

とその前に!

僕、インドでスキミングに会いました。

スキミングというのはカード犯罪の一つで、カード情報が不正に読み取られ、偽のクローンカードを作られることです。

今回の旅でインドに渡り、その後香港・マカオにきたにも関わらずインドからの引き落としが度々続くということで、カード会社に連絡したところ、スキミングが発覚し、急遽キャッシュカードを止められてしまいました。

それ以前にpolcaで振り込まれていた分は引き落とせていたので、なんとかpolca企画は実行できる。

ただ、手元に残ったのは少ない現金。これから旅を続けるのに、キャッシュカードなしではかなりキツイのは分かっていたし、JCBのクレジットカードも持っていたんですが、JCBを受け入れる店やホテルが香港やマカオに少ないという、旅の途中でとんでもないハプニングに遭遇してしまいました。

「なけなしの現金をほんとはカジノなんかに使いたくない。」

「いいや!勝ち分をでかくして、生活費まで稼いでやる。」

そんな相反した二つの気持ちを抱えながら、polca企画は公言してしまったのだからやらないわけにはいかないと思い、カジノに向かっていたのでした。

polca企画で僕が定めたルール

僕はpolcaで「僕が勝ったら勝ち分の70%を支援者で山分けプラン(負けた場合はリターンなし)」と「僕が負けたら支援金1000円そのまま返却プラン(勝った場合はリターンなし)」の2つに分けて企画をしていたので、リターンを厳密にするためにも2つほどルールを定めました。

①軍資金はpolcaで集めた8000円のみ

もちろんですよね。polcaで集めたお金で遊ぶと豪語してるんですから、追加でお金をつぎ込むことは禁止にしました。

②決戦日は8/17のみ

当日は8/17日の18時から始めたのですが、勝ってても負けてても24時きっかりにはやめることをルールにしました。

決戦日当日

僕は事前引き落としていた軍資金の8000円を、香港ドルに両替しました。(マカオは香港ドルもマカオパタカも使え、両方ともほとんど同じレートです。)

8000円は570HKドルに変わり、それを握りしめてカジノに向かいました。

しかし、実はカジノに行ってから初めて気づいたんですが、僕が行ったマカオのカジノのミニマムベット(最低賭け金)の相場は300HKDで、日本円にして4196円だったんです・・・・汗

つまり、手持ちの軍資金570HKD(8000円)だと一度負けたら、もう賭けれないというガチ目に背水の陣の戦いなんですね笑

僕は当日のカジノでその事実を知らされ、愕然としながらも570HKDをカウンターに持っていき、ギャンブル用のチップと交換してもらいました。

その際、チップと交換したスタッフ的な人が確実に

「これだけ!?わろすww」

的なことを言い、失笑したのが目に見えたんですが、こっちの事情も知らねえで笑うんじゃねぇと思いながら、がん無視しました。

チップも手に入り、いざ鉄火場へ。

僕が選んだゲームはブラックジャック。

実は大学3年次にインドに長期滞在中、シェアハウス仲間と昼夜ブラックジャックに明け暮れていたほど、僕はブラックジャックフリークなんです。

僕は、一度負けたら即終了のプレッシャーを背負って、ブラックジャックのテーブルにつきました。

ーーーーーーーーーーーーーーー6時間後ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

polcaカジノ企画の結果

約束の24:00をまわり、僕は席を立ちました。

結果は!?!?!?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

勝ち!!

いちお勝ちました。

570HKDが一時は5倍強の3000HKDにまで膨れ上がり、結果そこからすり続けて最終的に1.75倍の1000HKDで勝負を終えました。

ということでいちお、勝ちました。

「勝つならドカンと勝てよ!」

「負けろよ。つまんねぇ。」

とか思っているあなたの顔面には、残念ながら香港のスターブルースリー並みの後ろ回し蹴りを喰らわせなければなりません。

僕だって、”負けた方がウケる”だろうということくらいは重々承知なわけです。

「わざわざクラウドファンディングで集めた資金をたった数秒でスッカラカンにしました。」

って方がオイシイなって思ってはいました。

前日にTwitterで僕がカジノで勝てるか負けるかを投票してもらったところ、このような結果になりました。

最初は「あれ!?あまり期待されてなかった系?」とか思ったんですが、

これは「みんなが負けを望んでいる。ってかそっちのがおもしろい。」っていうことに他ならず、カジノ企画で負けることが正解だったことは十分理解しました。

しかし、実際にカジノでの緊張感、負けたくないという人間の欲は予想以上に泥臭く僕の中に巻き起こり、少しでもいいから勝ちてぇって思っちゃいました。

一度みた軍資金5倍強の幻想を忘れられず、いっそリスクをとってでか目に賭けて一気に取り戻したろ!とも思ったんですが、その時浮かんだのが、polcaで支援してくれた方々一人一人の顔。

とは言っても、「僕が勝ったら山分けプラン」に支援してくれた人の4分の3は実際に面識がなかったので、顔が全く思い浮かびませんでした・・・笑

とにかく、僕の「勝ち」に期待してくれた方に喜んでもらい、「負け」に支援してくれた人に圧倒的に自慢したい。

そんな一心でチビチビプレイし続けて、24:00の段階で結果ちょい勝ちしてきました。

ただ勝ちは勝ち!!やっぱり嬉しかったです!

リターンの内訳

1000HKD×70%=700HKD

700HKD÷4人(勝って山分けプランの支援者)=175HKD(約2447.74円)

なので、2500円ずつ支援者にはリターンをすることにしました。

僕の取り分は300HKD。

またしても、そして今度は正真正銘たった一回ぶんの最低賭け金を手に入れた僕は、その後もマカオの奥地カジノの闇へと足を踏み入れるのでした。

・・・続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。