【留学生活の近況報告】アメリカ留学再開から2ヶ月。今セメスターも折り返し。

こんにちは、たいと(@taito212)です!

アメリカに来てから2ヶ月たったので、ぼちぼち留学生活に関して近況報告したいと思います。ブログの報告は別で出します。

授業のこと。

今学期が1月末にスタートして、2ヶ月。3月中旬には中間テストもあって、ようやく今セメスターが折り返し地点に来ました。中間テストの結果はというと・・・

「いや・・勉強ってね。そもそも誰かと比べて良いとか悪いとかじゃないのよ。教授の言葉とか課題の中から、自分が学び取れる分をしっかり自分のものにできるかって話でね。点数がどうこうみたいな、他人のものさしで習熟度を測るものではないんですね。」

ってことだけ言っておきますw

専攻のことでいうと、美術史のクラスを3つ取っているんですが、2つの授業が20世紀の現代アートに突入してとても楽しいです。僕は美術の中でも特に現代アートが好きなんで。一度休学して、改めて学ぼうと思って再入学してるので、学びたいことが学べる嬉しさみたいなのがありますね。

生活のこと。

今は大学の寮でアメリカ人のルームメイトと相部屋で住んでいます。相手の部屋の汚さが僕の生活区域を狭めたり、冷蔵庫の中身が勝手になくなってたりと、まぁアメリカの大学あるあるを久々に体感してます。そして、実は生活リズムがお互いに合わない上に相手が超ライトスリーパーなんで、夜はめっちゃ小さい物音とかパソコンの光でも寝れないと言われ、微妙なすれ違いが・・・。ルームメイト問題はやっぱ付きものだとは思うんで、我慢ですかね。

あと、そろそろアメリカの食堂に飽きたんで、炊飯器でも買いたいです。

変わったこと。

実は、以前あげた記事で(➡︎【近況報告】アメリカ留学生活再開!!!〜最初の一週間を振り返るよ〜)で、グラフィックデザイン学部に転向する予定ってことを書いたんですが、少し事情が変わりました。簡単に言うと、学部を転向しないことに決めました。その理由は2つ。

  • 美術史をもっと学びたくなった
  • グラフィックデザインへ転向すると卒業が伸びる

美術史を勉強していく中で、もっと現代アートについて知りたいっていう想いとアートギャラリーでの仕事への興味が出てきました。自分でグラフィックを作るというより、鑑賞する側、売買する側に興味が湧いたんです。

また、グラフィックデザインに転向する場合、当然必修科目が違うので、新たに取り直さないといけない科目が増えて、卒業が予定より大幅に伸びてしまうことが分かりました。転向に必要なポートフォリオ等も準備はしていたんですが、学部の転向はしないことにしました。

デザインの勉強は個人的にしたいので、以前記事にも書いたUdemyのIllustratorの授業は受講中です。

はじめたこと。

大学でフットサルを始めました。木曜の夜10時から2時間だけですが、毎週行くようになりました。本格的なスポーツチームではなく、Intermuralと言って日本でいう学内のサークルみたいノリのチームです。内容は紅白戦オンリーなんですが、サッカーチームのガチ勢が大多数で、めちゃんこレベルが高いです・・・。

フィジカル負けしまくるし、如何せんここ2年くらい運動してこなかった僕には体力的にきついですw ただやっぱり体を動かすとスッキリするし、フットサルは大好きなので本当に楽しい。

アメリカ人はミスには厳しく「どこにボール蹴ってんだよ。このファッキン野郎が!」みたいな罵声を浴びせられるんですが、いいプレイをしたり、ゴールを決めたりすると、「Wow!お前のプレイ、ファッキン最高だな!」みたいな歓声をくれるんで嬉しいですね。

息抜き程度に始めましたが、今や毎試合必ず1点は決めると目標を定めて意識高めに頑張ってます。ちなみに今週はハットトリック。やった!

筋トレ。

筋トレをするっていうのも以前ブログで宣言しましたが、最近は気が向いた時しかしてません・・・

これから

学校生活に関しては、今後引き続き頑張るのみですね。5月に期末があるので、それまでの間に気が緩まないようにします。すでに結構中だるみしてるのがやばいですが・・・。

ニューヨークではこれからいろんなイベントも目白押しなので、そんなことも楽しみつつ学業も両立できるようにします。

そして、うちの大学ではこれから春休みに入ります。日本だと春休みが鬼クソ長いので長期の旅行に行けたりしますが、アメリカの春休みはたったの1週間。短いですが、満喫したいと思います。

今回は、こんな感じでゆる〜く。

おしまい。