ミスユニバース開催!美術史No.1美女は誰だ?

The following two tabs change content below.
たいと

たいと

ニューヨーク美大生。旅×表現×留学をテーマに脳内をアウトプットします。

こんにちは、ニューヨーク留学中のたいと(@taito212)です。

皆さんは、美術の歴史をどれくらい知っていますか?

美術史には、ルネサンス期、バロック、ロココ、印象派、キュビズムなど、その特徴や時代によって、区分分けされています。

各区分で、既存の芸術に対する革命を起こそうと、いろんな分派が生まれたり、流行が生まれたりしながら、現代まで続いている訳です。

今回は、各時代の中からエントリーされた美女たちの頂点を決める大会、

題して、『ミスユニバース開催!美術史No.1美女は誰だ?』

を開催したいと思います。

パチパチパチパチー(拍手)

開会会長の話

まずは、開会にあたりまして、開会会長の私、勝俣の方からコメントさせていただきます。

たいと
美術は、一般の若者にとって少し小難しいものと捉えられがちです。しかし、美術を嗜むには、まずは興味を持ってみることから。単純に誰が一番美女かっていう不純な動機から美術史をながめれば、美術に対する親近感も湧くのではないかと思っています。この大会を機に、少しでも美術に対する興味が湧いて、美術館などにも足を運んでいただけたら何よりです。

審査基準

次に、今大会の審査基準ですが、本家ミスユニバースの選考基準にベースにしつつ、今大会の独自の採点方法に沿って、点数を付けていきたいと思います。

本家ミス・ユニバースの応募資格と選考基準

年齢18歳以上26歳以下であること。(※今大会では、女性の年齢が不詳のものもあるため、年齢は無視。)

外見の美しさだけではなく、知性・感性・人間性・誠実さ・自信などの内面も重視される。また、社会に積極的に貢献したいという社会性を兼ね備え、世界80カ国以上から集まる各国の代表と対等に立てるグローバルな女性像が求められる。

採点方法としては、本家で重視されてる基準の中から、外見・知性・感性のみをそれぞれ10点満点で(独断と偏見で)評価し、そのトータルの得点でグランプリを決定します。

エントリー紹介

次に、今回エントリーのあった13人の女性を紹介します。名前に関しては、作品の題名をそのまま表記、または作品の題名に明示されている名前を表記する形にしてます。(例:「ヴィーナスの誕生」=ヴィーナス)

  • エントリーNo.1 イタリア・初期ルネサンス代表『ヴィーナス』 
  • エントリーNo.2  オランダ(北ネーデルランド)・バロック代表『真珠の耳飾りの少女』
  • エントリーNo.3  フランス・ロココ代表『読書する少女』
  • エントリーNo.4  フランス・写実主義代表『オランピア』
  • エントリーNo.5  イギリス(米国出身)・ジャポニズム代表『陶磁の国の姫君』
  • エントリーNo.6  フランス・印象派代表『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』
  • エントリーNo.7  イギリス・ラファエル前派代表『エフィーグレイ』
  • エントリーNo.8  ペルー・未分類代表『手紙』(で描かれている女性)
  • エントリーNo.9  チェコ・アールヌーヴォー代表『JOB』(で描かれている女性)
  • エントリーNo.10 フランス・フォーヴィスム代表『帽子の女』
  • エントリーNo.11 スペイン・キュビスム代表『泣く女』
  • エントリーNo.12 オランダ・抽象主義代表『女6』
  • エントリーNo.13 スイス・現代美術代表『立つ女』

ただいま、全員の紹介が終了しました。(できるだけバラバラの時代から、有名どころ集めました。)

一体、どんな女性たちが参戦しているんでしょうか?

それでは、審査に入っていきましょう。

審査開始

エントリーNo.1 イタリア・初期ルネサンス代表『ヴィーナス』 

説明
ボッティチェリの代表作『ヴィーナスの誕生』のヴィーナス。ローマ神話のワンシーン。ヴィーナスが成人状態で海から生まれたシーン。

外見 5 /   知性 7 /   感性 9 

たいと
まず最初のエントリーは、ローマ神話のこの女性。さすが愛と美の女神。外見は綺麗ではあるが、個人的にショートヘアとスレンダーな方がタイプなので、外見は6点。知性はありそうだけど、神話上、当然のように浮気を繰り返すのでマイナス3ポイント。感性はあるでしょ。海から生まれてんだもんw

エントリーNo.2 オランダ(北ネーデルランド)・バロック代表『真珠の耳飾りの少女』

説明
有名ですね。フェルメール作。クローズアップで女性の顔を描くのは、彼の作品では珍しい

外見 7 /   知性 3 /   感性 4

たいと
続きまして、エントリーNo.2。顔は整ってるから平均越えの7点!ただ少女だし、教育も受けてなさそうなので知性は少し低め。感情の少ない表情なので、感性は4で。

エントリーNo.3 フランス・ロココ代表『読書する少女』

説明 

ジョン・オノレ・フラゴナールの代表作。ロココ様式は可愛らしく軽薄な主題が多い。モデルの女性は作者の妻の妹。

外見 5 /   知性 7 /   感性 4

たいと
パッと見美人ですねー。ただ、よくよく見たら腕がめっちゃ太いw  アームレスリングのチャンピオンなん!?(−5点)本読んでる=頭良さそうなんで、7点。感性は読み取りづらいけど、特記する部分がないんで4点。

エントリーNo.4 フランス・写実主義代表『オランピア』

説明
エドゥアール・マネの代表作。裸体の女性は当時の娼婦を表している。裸体が理想化されておらず平坦なため、酷評される時代もあった。ただのちに再評価され、ピカソなどからもこのオマージュ作品が描かれた。

外見 3 /   知性 2 /   感性 7

たいと
今大会初の全裸での登場。これは会場が湧きます。ただ、開催側の基本的なスタンスとして、服は着ててほしいw リビングでくつろぐおっさんみたいなポーズがNG(−7点)。知性は・・・なさそうだなぁ・・・・w 全裸やけど、髪飾り、首飾り、ヒールっていうね。独特の感性をお持ちなんでしょう。ってことで+7点!

エントリーNo.5 イギリス(米国出身)・ジャポニズム代表『陶磁の国の姫君』

説明
アメリカ生まれの画家ジェームズ・マクニール・ホイッスラー の作品。日本らしい背景に、着物を着た西洋人の女性の絵。印象派のような筆跡の残るタッチだが、日本美術の影響もうかがえる

外見 8 /   知性 7 /   感性 8

たいと
着物を来ての登場!シルエットが良いですね。プロポーションは文句なしです。ただ強いていうなら髪の毛のキューティクルの表現が足りないのと、ポーズがちょびっと間抜けなので、ー2点。姫君=身分の高い人の娘なので、知性はあるでしょう。西洋人だけど、日本の着物をチョイスするあたりセンスあります。感性は高めに。(こういうことでいいんかな?w)

エントリーNo.6 フランス・印象派代表『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』

説明
印象派の画家ルノワールが描いた作品。印象派の絵画のうち、最も美しい肖像画の一枚とも称される。

外見 8 /   知性 5 /   感性 5

たいと
フランスからお嬢さんのエントリー。外見は可愛らしいので8点。知性に関しては、まだ子供であることがわかるので、低めに。感性は特記するとこなし5点。

エントリーNo.7 イギリス・ラファエル前派代表『エフィーグレイ』

説明
ジョン・エヴァレット・ミレーの作品。この女性は作者の妻エフィー・グレイ。グレイは、19才の時に美術評論家のジョンラスキンと結婚するも、ラスキンのお気に入りの画家ミレーのモデルを務めた際に、ミレーと出会う。その後、ラスキンとミレーとグレイの3人で旅行した時に、ミレーに恋する。ミレーはその後ラスキンと離婚し、ミレーと再婚する。このスキャンダルは有名な三角関係事件として、何度も芝居やオペラにもなった

外見 9 /   知性 5 /   感性 7

たいと
こちらも美人の登場。自身に満ちた表情と、整った顔立ち。青くて大きな眼は9点!知性は見た目じゃ何とも言えないから、中身も考慮しましょう。情報によると・・元夫は美術評論家として偉大な功績残してるって考えたら、彼女も教育水準は高かったんでしょうか?知らんな、5点。思い切った三角関係するくらいだから感性は豊かなんじゃない?7点。(ポジティブw)

エントリーNo.8 ペルー・未分類代表『手紙』(で描かれている女性)

説明
ペルー生まれのアルバート・リンチの作品。フランスで絵を学んだ女性描くの大好き画家。データがほとんど残っていないので、区分はわからない。

外見 10 /   知性 6 /   感性 6

たいと
続きまして、ペルーからやって来た美女。文句なしの美人です。顔ちっちゃくて綺麗。洋服おしゃれだし、ポーズも決まってるし、髪型もいい感じだから、10点。手紙書いてる=少しは賢い(?)ってことで6点。(可愛い人に甘い採点w)背景とかも含めて全体から伝わるイメージが割と大人しめだから、感性は6点くらいで。

エントリーNo.9 チェコ・アールヌーヴォー代表『JOB』(で描かれている女性)

説明
アールヌーヴォーの代表ミュシャの作品。女性の後ろに書かれてる「JOB(ジョブ)」というのはタバコの巻紙の製品名で、この作品はミュシャが手がけた宣伝ポスター

外見 10 /   知性 7 /   感性 8

たいと
今大会唯一のポスターからのエントリー。顔が整ってて綺麗!官能的な表情も◯!10点差し上げます。当時(19世紀末)は、紙タバコは上品な紳士、淑女のアクセサリーとしても好まれていたっぽいので、知性7点。タバコの煙がなびいてる感じとか、周りの装飾がおしゃれなんで感性は、高めで。

エントリーNo.10 フランス・フォーヴィスム代表『帽子の女』

説明
マティスの帽子の女。モデルとなっているのは作者マティスの妻のアメリー。アメリーはフランスのブルジョアジー女性の典型的な象徴として、手の込んだ衣装を身につけて描かれている。マティスによれば現実の色合いをリアルに描く必要なく、作者の心や感情を軸に、自由きままに色彩表現されていればよい!とのこと。ちなみに、作者のマティスは「めっちゃ派手はな色使いやけど、ぶっちゃけ実際にモデルが着ていた色って何色やったん?」と聞かれると、「ん?ふつーに黒w」って答えたらしいっすw 

外見 3 /   知性 8 /   感性 9

たいと
お、会場の雰囲気が変わりました。革新的な外見の持ち主です。ただ、可愛くはないんで4点!ブルジョアジーの女性なんで、教育とかしっかりされてそう。知性8点。感性はやばいでしょ絶対!夫にこんな色使いで描かれるって感性ぶっ飛んでたんでしょうね。9点!

エントリーNo.11 スペイン・キュビスム代表『泣く女』

説明
ピカソの作品。愛人ドラ・マールがモデル。ドラ・マールをモデルに描かれた作品には『ドラ・マールの肖像』など油彩に限らず他にもあるが、最もよく知られるのはこの「泣く女」である。ただし「泣く女」をモチーフとした作品には100種類以上のバリエーションがあるといわれる。

外見 1 /   知性 4 /   感性 10

たいと
キュビスムからのエントリー。お気づきですか?近代に近くにつれて、ネーミングがだんだんと雑になってるんですよ。「帽子の女」に続いて「泣く女」ですよw  さて審査にうつりましょう。外見は・・・・・。まずかろうじて顔が分かりますが、間違っても美人とは言えない・・・。隣に連れて歩けない顔面ですねw(1点)知性に関しては判断つかないですが、泣いてる女は、知性がなさそうっていう独断と偏見で4点。色といい、形といい、常軌を逸してるんで感性は10点。

ドラマールの実際の写真はこちら⬇︎

実際は整った顔してますけど、今回は『泣く女』としてのエントリーなので、この写真は考慮しません。

エントリーNo.12 オランダ・抽象主義代表『女6』

説明
ウィリアム・デ・クーニングの抽象画。攻撃的に鋭く身体造形を部分的に破壊している。デ・クーニング絵画における女性像は、欲望、欲求不満、内面的な葛藤、喜びなどが反映されている

外見 1 /   知性 1 /   感性 10

たいと
エントリーNo.12。ついに!女性が概念になって登場!欲望や葛藤などの内面的な心理の化身に変わりました。もはや、体とか顔とかよく分かんない。そして、タイトルが『女6』ですよw (女性を番号で割り振ったらアカンて・・・w) 美人とか美人じゃないとかいうレベルを超えてるんで、外見は1点。知性どころか理性を持った生き物なのかどうかも伝わらないんで1点。感性もこの女6の常人には理解できないポテンシャルを考慮して、10点にします。

エントリーNo.13 スイス・現代美術代表『立つ女』

説明
最後のエントリー。現代美術の彫刻家ジャコメッティの作品。『立つ女』。

外見 2 /   知性 10 /   感性 1

たいと
最後を飾るのは、唯一の彫刻からのエントリーです。立つ女。こちらもタイトルが雑w 内臓とか筋肉とかどこにしまってんの?って疑問に思うくらい細いです。今大会では一番のモデル体型・・なのか・・? もうスレンダーすぎて、今にも折れそうですね。綺麗かどうかで言われるとNoなんですが、足が長い=美人の特徴でもあるんで+2点は入れときます。知性は、人間をはるかに上回る気がしません?なんか宇宙から来たとか、機械に全てを任せて究極に体が退化した未来人って言われても納得できます。10点で。感情が全く読み取れないんで、1点。

それでは、全ての女性に登場していただきました。ただいまから集計結果の発表に参ります。

集計結果

それでは集計が終わりましたので、第3位からの発表になります。

第3位

ドラムロール・・・・・・・・・・・・・・・・

だだん!

たいと
エントリーNo.8 ペルー・未分類代表『手紙』!!!!

総得点 22点

第2位

ドラムロール・・・・・・・・・・・・・・・・

だだん!

たいと
エントリーNo.5 イギリス(米国出身)・ジャポニズム代表『陶磁の国の姫君』!!!!!

総得点 23点

さて、ついに第1位の発表です。

グランプリの栄光は誰の手に!?

発表します!

第1位 グランプリ

ドラムロール・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だだだだだん!

たいと
エントリーNo.9 チェコ・アールヌーヴォー代表『JOB』!!!!!

総得点 25点

総合ランキング

順位 名前 得点
1 アールヌーヴォー代表『JOB』/ ミュシャ 25
2 ジャポニズム代表『陶磁の国の姫君』/ ホイッスラー 23
3 ペルー代表『手紙』/ アルバート・リンチ 22
4 初期ルネサンス代表『ヴィーナス』 / ボッティチェリ 21
4 ラファエル前派代表『エフィーグレイ』/ ミレイ 21
4 フォーヴィスム代表『帽子の女』/ アンリ・マティス 21
7  印象派代表『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢』/ ルノワール 18
8 ロココ代表『読書する少女』/ フラゴナール 16
9 キュビスム代表『泣く女』/ ピカソ 15
10  バロック代表『真珠の耳飾りの少女』/ フェルメール 14
11  現代美術代表『立つ女』/ ジャコメッティ 13
12  抽象主義代表『女6』/ クーニング 12
12  写実主義代表『オランピア』/ マネ 12

総評

いかがでしたか?お気に入りの女性は上位に入っていましたか?

かなり混戦で、同点も多く、とてもレベルの高い大会だったと言えます。

外見がよくても、感性が乏しかったり、知性が足りないと上位には喰いこめませんでしたね。

逆に、外見が人の形状をしてなくったって、感性が爆発してたら、ポイントが高い結果もありました。

顔が整ったフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』より、顔面崩壊してるピカソの『泣く女』の方がポイント高いですからねw

人間見た目だけじゃないってことですね

閉会の言葉

たいと
それでは、これをもちまして『美術界一の美女を決めるミスユニバース』を終了します。美術とか難しく考えずに、『自分の一番のお気に入りの作品どれやろう?』とか思いながら気軽に美術館にでも行く気になってくれたら嬉しいです。

終わり。

シェアしてもらえたら、しっぽ振って喜ぶよ!